SIMフリースマホの導入まとめ

スマホ

半月ほど前にそれまで使っていたauのスマホの液晶が割れまして、もともといろいろと粗悪品だった端末を我慢して使ってたためわざわざ5,000円払ってまで修理をする気にもなれず、SIMフリーのスマホとauのガラケーとの2台持ちで運用することになりました。
だいたい軌道に乗りましたので、キャリアスマホからSIMフリースマホへの乗り換えについて気づいたことを記していきます。
ガラケーへの乗り換えメモはこちらから。

スマホからガラケーへの機種変メモ
スマホ・ガラケーの2台持ちへ かれこれもう10年以上(IDOの頃から!)auの携帯を使っているのですが、スマホだと月の料金がなんだかんだで8,000...

まず、導入にあたってかかった費用を挙げますと、

  • 端末+SIM:32,184円
    (ascend G6とOCNモバイルoneのセット、NTTコムストアにて購入
  • 32GBのmicroSDカード:5,250円
    (ヤマダ電機にて購入、64GBのカードに未対応のため)
  • ATOK製品版:1,543円
    (auスマートパスで使っていてなじんでいたため。
    ascend G6の変換ソフトはFSKARENで、それはそれで使い勝手は相当いいです)

2年縛りのキャリアスマホの端末代が、スマホから同一キャリアへのスマホへの機種変・分割払いで余計なオプションもろもろくっつけてだいたい30,000円くらいでしょうか。
それ考えるとべらぼうに高くはないのかな、と。
極端な話、これ半年後に端末変えたっていいんですから。
残債とか一切ないですし。
ちなみに、auでスマホをやめるにあたっては、ガラケーへの機種変扱いとなり純粋な解約ではないため違約金はありませんでした(端末変更手数料2,160円別途)。

SIMフリーにするときに面倒そうなことNo.1は恐らくSIMの開通ではないかと思います。
OCNの場合は、PCで利用者の情報登録をしてからSIMが認識されます。
PCでSIMの設定方法を確認しながら有効化したSIMを端末に挿して起動させ、スマホで
「設定画面>モバイルネットワークの設定」
へ。(機種によってメニューの名前は異なりますがおおむね一緒かと思います)
「新しいAPN」を選択して情報を入力するのですが、OCNでは入力が必要なのは
「名前」
「APN」
「ユーザー名」
「パスワード」
「認証タイプ」
の5つでした。
設定画面にはずいぶんとゴチャゴチャした項目があって少し途方にくれたのですが、入力しない項目はきれいに無視。
あっという間に接続できました。

キャリアのスマホ安心パック的なサービスだとセキュリティアプリが無料で使えたのですが、SIMフリーだと自己責任で導入する必要があります。
無料のアプリでも、TrastGoとかAVASTとか信頼できるものは結構あります。
製品版でも14日くらいはお試し無料のアプリもありますので、使ってみて納得できれば有料でもいいですし。
英語のサイトですが、セキュリティアプリの性能を定期的にテストしている会社があるので、その結果を見ながら比較検討するといいかもしれません。
こちらは日本語版の信頼できる無料アプリレビュー。

あと、キャリアと違って、一部の回線事業者を除いてWifiスポットは使えないので、wi2 300など何らかのWifi事業者と有料で契約しておいた方が何かと便利です。
というのも、MVNO各社は大多数が月に1~3GBくらいの通信プランなので、やはりWifiがあるとないとだと違いますから。
通信量の観点で言えば、自宅のWifi化は必須です。地味に家にいるときがいちばんネット使いますし。
あるいは、そもそも動画自体をスマホで見ない方とか、soundcloudやMixcloudみたいな音楽SNSを全くやらない方、LINEやらTwitterも実況したり廃人レベルでしたりしない方は何とかモバイルだけでも出来るかな?

ちなみに、故障対応は何だかんだ言ってもキャリアは電話対応してくれるので、心配性の方はSIMフリーにしない方がいいと思います。<br/ >
まとめると、

  • モバイル通信量があまり多くない
  • 少しの不具合なら自分で何とかできる
  • 何かあったらググれる

こんな方がSIMフリーに向いてます。

コメント

I footnotes