Blackviewがindiegogo限定モデルを販売!

Gearbestで販売中のBV9000 Pro スマホ

クラウドファンディングのサイトを見るのが好きで、時々見ては買ったり買わなかったりしています。

で、indiegogoを何気なく見ていたら、なんとBlackviewがプロジェクトを出してるではありませんか!

ここでは、簡単にスペックなどまとめてみました。

スポンサーリンク

Blackviewのスマホについて

Blackviewは香港のスマホメーカーで、これまでも数々のタフネススマホを手がけています。
むしろ、中華スマホ好きクラスタにはタフネススマホと言えばBlackviewってところはありますね。

Gearbestで確認すると、一般に販売している現行機種で最新なのは*1なお、Blackview公式サイトでは、BV9000のプレセールを実施中。どうもBV9000Proの模様です。
Gearbestで販売中のBV9000 Pro
うーん、ゴツい。好き。
Blackviewは日本のDocomo周波数に対応するスマホも出していて、筆者も何度買おうと思ったか…

indiegogo限定モデル

BV9500 Proのプロジェクトページより今回リターンの対象になっているのは、indiegogoのみで販売予定のBV9500 Pro

プロジェクト終了まで22日を残して、既に1487%の達成率となっています。ヤバい。

BV9500 Proの主な特徴としては以下の通りです。

  • 耐水・耐塵・耐衝撃(MIL-STD-810G準拠のテストをクリア)
  • RAM6GB/ROM128GB
  • 10,000mAhの大容量バッテリと急速充電対応
  • カメラは背面にデュアルの16MP・フロントも13MP
  • DSDS・SDカードも同時に使用可能
  • トランシーバーとしても使用できる
    (アンテナ取り外し可能)

では、まずはスペックについて見ていきましょう。

スペック

プロジェクトのページによると、スペックは以下の通りです。
BV9500 Proのスペック表

BV9500 Pro スペック表
【外観】
カラー
展開
黒・緑・黄色
サイズ 16.5×8.18cm
厚さ18.7mm
画面 5.7インチ IPS液晶 18:9
ゴリラガラス5採用
解像度 1080×2160(フルHD+)
カメラ
(正面)
13MP
f2.0 FF
センサー:Samsung S5K3L8
カメラ
(背面)
16MP/0.3MPのデュアル
f2.0/2.8 AF
センサー(メイン):SONY IMX298
入力 USB Type-C
スロット nano SIM×2・micro SDカード
【通信規格】
Wi-Fi 802.11a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2
モバイル
通信
GSM:850 / 900 / 1800/  1900
3G:band / 2 / 4 / 5 / / 34 / 39
FOMAプラスエリア非対応・SoftBank対応
CDMA2000:BC0 / BC1
au対応
FDD-LTE:band / 2 / / 4 / 7 / 8
     / 12 / 13 / 17 / 18 19 / 20
/ 25 / 26 28A 28B
Docomoau・SoftBank全てのプラチナバンドに対応
TDD-LTE:band 34 / 38 / 39 / 40 / 41
【システム】
Android Oreo (8.1)
CPU Mediatek Helio P23/MT6763T
2.5GHz・オクタコア
RAM
/ROM
6GB/128GB
バッテリー 10000mAh
急速充電・Qi対応
ナビゲー
ション
GPS・GLONASS
センサー 近接・照度・ジャイロ・加速度・地磁気・気圧・電子コンパス
指紋認証 ○(右側面にセンサーあり)
NFC
トラン
シーバー
対応周波数帯 400~470MHz
FOTA
アップデート
電話機及び小型無線としての通信規格はあくまでもスペック値であり、日本国内での使用を推奨する意図はありません。
総務省電波利用ページ:技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

ここがスゴい:めちゃくちゃ頑丈

まず、本気度が違います。
何せ、アメリカ国防総省が制定した調達基準であるMIL規格・MIL-STD-810Gをクリア

70℃の高温にも耐え、50℃~-20℃の範囲であればスマホが実際に使えるんですよ!
保管可能:70℃~-40℃とか凄いんだけど

また、防水・防塵・対衝撃の3大機能については、実際に使用している動画をいただきました。
まず、実際に水中で使用しているところ。

お次は油の入ったプールにドボン。

そして極め付きはなんと、車に轢かれても壊れない。

これならうっかり手を滑らせてベランダからスマホ落としても安心だね*2BV9500 Proが無事でも下を歩いててぶつかった人は最悪死ぬから試しちゃダメゼッタイ。

ここがスゴい:バッテリー周り

中華スマホの大容量バッテリーだとOUKITELやHOMTOMをはじめ、10000mAh超えも多く見られるようになりましたが、BV9500 Proは通常の急速充電に見られる5V/2A規格よりも2倍以上高速で充電ができるとのこと。
フル充電までにかかる時間は3時間半。
普通のスマホならともかく、10000mAhが3時間半は驚きです。

また、ワイヤレス給電機能のQiに対応しているのも楽でいいですね。

その他の機能さまざま

カメラ

リアカメラは16/0.3MPのデュアルカメラで、ナチュラルなボケが実現できるのを売りにしています。
また、フロントも13MPあるので自撮りも安心。

指紋認証

背面ではなく、サイドにセンサーがついています。
厚みのあるタフネススマホならではですね。
「あっという間に」(それこそ秒で*3indiegogoでは「1秒以内に」と説明されています。)ロック解除されるそうです。

で、肝心なお値段は?

残念ながら、超早割価格の369ドル(約41,471円*430年7月17日現在のレート。以下同じ。)プランは既に定員に達してしまいましたが、まだ以下のオプションが残っています。

  • 早割・1台プラン:399ドル(約44,843円)
  • 2台セットプラン:738ドル(約82,942円)

送料無料・決済方法はクレジットカードのみで、今申し込めば8月には出荷されるとのことです。
サイトが英語ですが、Gearbestなどに親しんでいる方であればさほど困難ではないかと思います。

プロジェクトのページはこちら↓
Blackview: Most Advanced & Uncrackable Smartphone

脚注:   [ + ]

1. なお、Blackview公式サイトでは、BV9000のプレセールを実施中。
2. BV9500 Proが無事でも下を歩いててぶつかった人は最悪死ぬから試しちゃダメゼッタイ。
3. indiegogoでは「1秒以内に」と説明されています。
4. 30年7月17日現在のレート。以下同じ。

コメント

I footnotes